就サポ

ソフトウェア・情報処理 / ソフトウェア

株式会社 テクノ・カルチャー・システム

  • Web・オープン系 SE【アプリケーション設計】
勤務地:
福岡県内

私たちはこんな事業をしています

『ソフトウェアを地方の文化へ』を社是とし、福岡・筑後地域に密着した事業を展開。 自治体、農団体、金融機関といった伝統的なシステムから企業活動をサポートする 最新のオープン系システム。さらには、医療関連施設のIT導入にも力を注ぎ、 ソフトウェア産業を地方の文化のひとつとして育てていきたいと考えています。

メッセージ

  • 企業理念

    IT技術を通じて地域に貢献!

    1985年。テクノ・カルチャー・システムは「ソフトウェアを地方の文化へ」を理想に掲げ、久留米で歩みを始めました。豊かな自然環境と文化に恵まれた筑後平野で産声を上げた私たちの取り組みは、移り変わりの速い業界にあっても変わらぬ姿勢を貫き、今日に至っています。現在では久留米・福岡を拠点に、創業当時からの得意分野である農団体・自治体向けサービスに加え、金融や医療などのより幅広い分野へ事業領域を拡大するとともに、クラウドなど新規技術を生かした開発にも取り組んでいます。クライアントと地域の皆さんのお役に立つことで、社会に貢献し続けています。その姿勢は今後も揺らぐことはありません。

  • 採用方針

    真の技術には心が通っている。そんなつながりを目指しています。

    システム導入はそのゴールではなくむしろ新しい始まりと考える私たちは、クライアントにとって長期にわたるIT戦略のパートナーであることを目指し、技術者の育成においても「コミュニケーション力」を重視しています。必要な知識や技術は入社後しっかりと指導(先輩トレーナーがマンツーマンでフォロー)しますので、採用時に注目しているのは、人とのつながりを大切にする姿勢。文系や理系も問いません。クライアントの要望に応えるには、求められていることを理解し、当社の思いを伝えることが欠かせません。パソコンに向き合うのと同じくらい、お客さまと向き合う―当社のそんな姿勢こそが、今日までの実績と成長を支えているのです。

  • 職場環境

    自分たちの手でつくるから面白い。仕事も組織も遊びも。

    例えば、社員旅行。近年ではあえてやらない企業が増える中、当社は社員たちがその行き先や内容を自分たちで決めて実施しています。忘年会やお花見などのイベントも社員が交代で運営する「カルチャークラブ」で運営しているのです。他にも、テーマごとの委員会では品質向上のための勉強会を開催したり、お客様アンケートを作成していますし、新しい教育制度や・技術者支援に関しても、自分たちでニーズをすくい上げ、カタチにしています。誕生日休暇や出産立会休暇も、こうした取り組みの中で生まれた制度です。会社に雇われている…という受け身ではなく、自分たちが会社を動かしているからこそ、喜びや楽しみを持って会社運営に参加できます。

  • 社員の成長サポート

    iコンピテンシーディクショナリを導入

    ◎「スキルの見える化」で社員一人ひとりの成長をサポート
    弊社では自分のスキルを客観的に見ることができるiコンピテンシーディクショナリ(iCD)という診断システムを導入・運用中であり、シルバープラスという認証を取得しています。
    (iCDオフィシャルサイト参照:https://icd.ipa.go.jp/icd/)

    社会人になり、ステップアップしていく上で大切なことの一つとして、「今の自分の状態を知ること」が挙げられます。自分の状態を理解できると、今後どんな目標に向かって頑張ればいいのか、どこを磨いていくのか、スキルアップのための計画が立てやすくなるからです。
    社員の「成長したい!」という意欲を会社としてしっかりサポートします。

ソフトウェア・情報処理 / ソフトウェア

株式会社 テクノ・カルチャー・システム

  • Web・オープン系 SE【アプリケーション設計】
勤務地:
福岡県内

私たちはこんな事業をしています

『ソフトウェアを地方の文化へ』を社是とし、福岡・筑後地域に密着した事業を展開。 自治体、農団体、金融機関といった伝統的なシステムから企業活動をサポートする 最新のオープン系システム。さらには、医療関連施設のIT導入にも力を注ぎ、 ソフトウェア産業を地方の文化のひとつとして育てていきたいと考えています。