就サポ

ソフトウェア・情報処理 / インターネット関連

(株)インフォメックス

勤務地:
本社(北九州市八幡東区)

未来を拓くIT。

ITは、企業や自治体、社会の様々な活動において、必要不可欠かつ重要なものとなりました。世界経済の混乱、環境問題など、多くの課題を抱える現代社会では、ITの戦略的活用やグリーンITなどをはじめ、IT有効活用への期待がさらに高まっています。そして、場当り的なIT導入ではなく、将来の企業や社会のことを考えた本質的なIT活用が強く求められています。 私たちインフォメックスは、お客様の声や課題をよく聴き、その思いや潜在ニーズを感じとり理解し【共感】、ビジネスの変革や企業の成長、地域の発展に貢献するソリューションを、お客様と共になって創り上げ【共創】、共により良い未来を築いていく【共生】、良きソリューションパートナーでありたいと考えています。 そのためにも、知恵やアイデアを結集して、いかにお客様のことを真剣に考え抜くことができるか、また、民間と公共で培ったノウハウと最先端技術を活用して、いかにお客様に喜びや感動を提供できるか、私たち1人ひとりが情熱と誠意を持って、追求してまいります。 お客様を思う熱いハートと抜群のチームワークで、ITを駆使し、お客様や社会を幸福にすることを使命として、新たなチャレンジと付加価値の創造を続けてまいります。

メッセージ

  • 「インフォメックスの第二世代を一緒に創っていきませんか?」

    インフォメックスは1994年12月、高田工業所の情報システム部門が独立し設立した会社です。一般的に言われるITベンダーですが、社員数42名前後の規模ながら、自ら提案し、新しい仕事を獲得することを業務の中心に据えてきたことは、この規模の企業にしては非常に珍しいことと思います。私は2012年6月に代表取締役に就任し、まずは経営理念をつくるところからスタートしました。「私たちは、変化に挑み成長し続けます」「私たちは、健全で夢のある未来を創造し続けます」「私たちは、共に生き、共に創り、共に感動をわかちあいます」。2013年1月、この3つの理念を社員に伝え、3年後の中期ビジョン、10年後の長期ビジョンを打ち出しました。たとえば社員数。現在35名前後ですが、3年後には100名体制になっていたい。この中期ビジョンを実現するため、私たちは採用活動にも力を入れています。

    コンピューター業界において、1960年代は黎明期、1980年代は普及期、2000年代が拡大期となっていますが、この30年間変わらず、私たちの業界はITシステムそのものが収益の源泉となってきました。しかし私は、この形もそろそろ変化していかなければならないと考えています。変わり方はいろいろあると思います。お客様が欲しいと思っているのはITシステムそのものではなく、ITシステムを使うことによって得られる効果や成果なんですよね。そこで私が考えたのは、システム開発ではなく、お客様の仕事そのものを受けるということ。よく「お客様の立場になって考えなさい」と言いますが、結局はなったつもりですよね。お客様が意図した通りにシステムが動いていないケースを目にすることがありますが、それはなぜかというと、お客様はITのことがわからない、我々はお客様の業務がわからない、そこに溝があるわけです。しかし、我々が自ら利用者になることで、より的確な提案をすることができます。とはいえ、今日、明日で一足飛びにできるわけではありません。10年後、売上の30%を業務そのものを請けることで構築していきたいと考えています。

    これまでの20年を会社の第一世代とすれば、これからは第二世代。私たちと一緒に、第二世代の会社を創っていこうという気持ちを持っている方に、ぜひ来ていただきたいと思います。

    〈代表取締役 西岡 雅敏〉

ソフトウェア・情報処理 / インターネット関連

(株)インフォメックス

勤務地:
本社(北九州市八幡東区)

未来を拓くIT。

ITは、企業や自治体、社会の様々な活動において、必要不可欠かつ重要なものとなりました。世界経済の混乱、環境問題など、多くの課題を抱える現代社会では、ITの戦略的活用やグリーンITなどをはじめ、IT有効活用への期待がさらに高まっています。そして、場当り的なIT導入ではなく、将来の企業や社会のことを考えた本質的なIT活用が強く求められています。 私たちインフォメックスは、お客様の声や課題をよく聴き、その思いや潜在ニーズを感じとり理解し【共感】、ビジネスの変革や企業の成長、地域の発展に貢献するソリューションを、お客様と共になって創り上げ【共創】、共により良い未来を築いていく【共生】、良きソリューションパートナーでありたいと考えています。 そのためにも、知恵やアイデアを結集して、いかにお客様のことを真剣に考え抜くことができるか、また、民間と公共で培ったノウハウと最先端技術を活用して、いかにお客様に喜びや感動を提供できるか、私たち1人ひとりが情熱と誠意を持って、追求してまいります。 お客様を思う熱いハートと抜群のチームワークで、ITを駆使し、お客様や社会を幸福にすることを使命として、新たなチャレンジと付加価値の創造を続けてまいります。